松風通信。

エッセイ

松風通信。

2024.06.21

気がつくと
松風ストリート
という活動をして
3年が経とうとしている。

もともとは
コロナ禍の緊急事態宣言などなどが
発せられる中で
このあたり(平塚市松風町付近)にいいことはできないかな?
という起点で始まった活動である。

“3年”といっても
月に一度のMTGを重ねながら
ゆっくり歩いてきたので
たいそうなことはできていない。

それでも
少しずつでも
動かせる分の手足で動かせば
その分何かにはなる。
というのが
この活動をしていての手応えで

当たり前だが
何にもしないようりは何かしたほうがいいし
何かをすると世界からリアクションがある。
ということを学んでいる。

闇雲だって動いていたら
学ぶし、進む。

現在は松風ストリートの編集部は3名で。
高梨恭子、樋口佑樹、そして私(勝股淳)です。

「暮らしをつくる」実験中。
という合言葉は変わらず。

最近、僕と樋口は
松風ストリート内にアトリエオフィスを作りました。
(STUDIO202と言います。)

アトリエのほうにぜひ遊びにきてくださいね。
彫金教室や、ワークショップなど開催しています。

 

みんなで考えてみたい問いはいろいろあります。

・地域コミュニティってなんだろう
・人との繋がりが暮らしに及ぼす影響って?
・実際の空間があることのパワーは?

 

自分たちの暮らしは自分たちで楽しくする。

引き続きやっていきましょうー。

———–

イベントのお知らせです。

編集部の樋口と勝股が仲間と作ったアトリエオフィスSTUDIO202のオープンイベントがあります。

7月13日、14日
おいでよ202
詳細はこちらからどうぞ
場所ができたことで、少し松風ストリートの活動にもいい影響が出てきているように思います。
よかったら遊びに来てくださいね~!

 

 

公式Instagramはこちら

リンクの画像
ペン

最新記事

2024.06.21

エッセイ

松風通信。

2024.06.18

お店

お店一覧